歓送迎会で1人ポツンといる辛さ。それでも私は幸せなんだと思う

入道雲

昨日は誰も知り合いがいない歓送迎会に参加してきました。

はい…。

タイトルの通り、1人ポツンといました。

非常に辛かったです。

なぜか私だけ席が違くて…、地獄のような3時間を過ごしてきました。

幸い娘と参加したので本当に1人ポツンとなったわけでは無いのですが、とにかく辛かった(泣)

本当にキツかったけど、それでも私は幸せなんだと思います。

スポンサーリンク

嫌われる勇気、私には備わっていなかった

私は子供会の中に知り合いが全くいませんし、みんなも私のことを知らないのです。

今回の歓送迎会、不参加でも良かったんです。

実際2人不参加でした。

本当に行くのが嫌で今週は何も手がつかず、ドタキャンしようか直前まで本当に悩みました。

それでも参加したのは、参加すれば仲良くなれるかもしれないと思ったから。

参加した方が、子供会の活動がやりやすくなると思ったから。

反対に参加しなかったら、余計仲間に入れない?出遅れる?ポツンとなる?

こんな不安があったので参加しました。

結局私には嫌われる勇気が備わっていなかったのです。

>>嫌われる勇気!?対人恐怖症の私が、良い人間関係を手に入れようとしているのですが…

「あの人、来ないんだ。ドタキャンだってよ」

こういうふうに思われたくなかったのです。
(っていうか、私なんてみんな知らないので、いない自体に気づかないはずだけど)

なんで私だけ席が違かったのでしょう。

他者は私の期待を満たすために生きているわけではない

そうですね…、私がみんなと仲良くなれる会では無いですもんね。

仲良くなりたいのは私の課題であって、他の人の課題では無いんですもんね。

みなさんが私をどう思うかはみなさんの課題であって、私の課題ではない

これが確立していれば、私は今回の歓送迎会に参加していなかってでしょう。

スポンサーリンク

引き寄せの法則

今回の歓送迎会がどうしても嫌だったので、私は引き寄せ手帳にも願いを書き込んでいました。

参考にしている本
みるみる願いが叶う引き寄せ手帳のつくり方
※私は手帳ではなく、スマホのスケジュールに入力しています。

やっぱり心の奥底にある「歓送迎会に行きたくない」

もしこうなっちゃったら?とか色々最悪なことを妄想していたので、そっちの思いの方が強かったのでしょう。

その妄想が全て叶いました。

前回の願いは叶いました。

宇宙規模で考えると、ちっぽけな悩み

宇宙規模で考えると、私の悩みなんてちっぽけなんでしょう。

きっと数年経てば、あんなこともあったなーと思うのでしょう。

子供がいるから子供会に入る。
(強制ではないが半強制で入る感じ)

子供会なんてどうでもいいじゃん!

子供が生きているんだから。

宇宙規模でみれば私は幸せなんだと思う。

のんきに歓送迎会に参加できているのは、その時の私にとってはこの上ない苦痛でしかなかったけど、それでも私は幸せなんでしょう。

今日は3月11日なので特にそう思います。

嫌われる勇気

やっぱり嫌われるのは怖いです。

でも皆に合わせて行きたくないところに行くのは本当にキツい。

みんながワイワイやっている中での一人ポツン。

昨日の歓送迎会は疎外感がハンパなかったです。

まだ引きずっています。

それでも私は幸せなんでしょう。

幸せなんだ。

みるみる願いが叶う引き寄せ手帳のつくり方

楽天ブックス
Amazonで購入する

こんな私ですが、この本はおススメです。

私はスマホのスケジュールのアプリに入力しているのですが、書いてると(入力していると)気分が落ち着きます。

去年(2016年)の5月からやっています。
(数週間やらない時もありますが)

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ 

スポンサーリンク