ボロボロな部屋着はもう着ない。人に見られない部分もお気に入りにして、良いものをどんどん引き寄せたい

先日、人に見られて恥ずかしい物は断捨離する。できるだけ自分なりの良いものを使うとブログに書きました。

これはかなり実行できるようになってきたのですが、人に見られない部分はまだまだ。

実は部屋着はかなりボロボロなものを着ています。

私の部屋着は、外着(普段着)が少し古くなったり、お気に入り度が下がってきたもの。

それでも全然不自由はしていないのですが、最近の本や雑誌・ネットなどで見る傾向だと、部屋着は普段着を格下げしたものではなく、部屋着も部屋着として用意して(買って)お気に入りを着ようとなっていますよね。

そういう傾向だとは知っていはいたのですが、

●お金が気になる
●人には見られるわけではない
●ボロボロでも着られないわけではない

上記のような感じで、ボロボロな部屋着をずーーーーっと着ていました。

ですが最近になってようやく部屋着も整えようという気になってきました。

スポンサーリンク

もうボロボロな部屋着は着ない

恥ずかしいですが、今回捨てた私の部屋着はこちら。

ユニクロのブラトップです。

2着をほぼ一年中着ているのですが、一体何年前から着ていたのでしょう…。

もう覚えていません。

ユニクロのブラトップ

ハンパないですね(笑)

家族にも数ヶ月前から「もう買い替えれば?」と言われていたのですが、ある意味、いつまでこの部屋着を着られるかの勝負をブラトップとしている感じでした(笑)

ものを大切にしている自分に酔っている部分もあったのですが、決して気分は良くありませんでした。

凹んでいる時にこの部屋着をみると自分がみすぼらしく感じ、悲しくなります。

ボロボロな部屋着を着ている=結局自分もその程度

お気に入りに囲まれる=同じようなもの引き寄せられる

これを最近ひしひしと感じてきて、やっとこ処分する気になりました。

今回新しく買ったのもユニクロのブラトップ。

各社色んなブラトップらしきものが販売されていますが、やっぱりユニクロが一番着心地が良いです。

新しい服は気分が良いですね。

人に見られない部分もお気に入りにして、良いものをどんどん引き寄せたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ 

スポンサーリンク