断捨離に失敗!捨てて後悔してまた買った。家族からクレームが出たり、生活が不便になったら意味が無い

断捨離にハマり始めたのがたぶん6年前。

ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門、この本の存在をネットで知り、どんどんハマっていきました。

予備の布団やずっと使っていないバッグ…色々なものを断捨離してきましたが、先日初めて失敗したなーという物がありました。

家族からクレームがきて、自分自身でも不便になってきて、それでも我慢していたのですが、限界がきてまた買っちゃいました。

それはラップです。

実際は捨てたのではなく母親にあげたのですが、後悔しましたね…。

ちょっとした節約や断捨離のために、ストレスをためてしまっては意味がありません。

スポンサーリンク

家族からクレームが出たら断捨離しない

私は今まで2つのサイズのラップを使い分けていました。

ラップ22cmと30cm

でもある日、

ラップを使い分けるの面倒だなー、22cmのラップだけでも何とかなるんじゃ?と思い、しばらく小さいラップだけで様子を見ました。

毎朝主人のために作るおにぎり、ダイエットのためにちょっと小さめにしたけど、これでOK。

たまに使う2つの大きめのお皿は、小さいラップで十字に包めばOK。

ご飯を冷凍する時は、22cmのラップので小さく包んだ方が解凍時間が短くすむから、これでOK。

こんな感じで大丈夫だったので、残りを母親にあげちゃいました。

あーーこれでスッキリ。

1つ物が減ったー、断捨離最高!

こんな生活を2年しましたが、1年前に主人から「おにぎりをもっと大きくして欲しい」とクレームが。

でもラップを増やしたくなかったので、「もう大きいラップ買わないんだよね。これ以上おにぎりを大きくしちゃうとラップからはみ出ちゃう。小さくてダイエットにいいんじゃない?」

と、まだダイエットをしていなかった主人のおにぎりを、私の都合で小さくしました。

でも可哀想なのでなるべく大きく作るが作りづらい。

さらには、主人が8時間ダイエットを始めたので、朝食のおにぎりをいつもより大きめにしないとヤバイかも?と思い、結局30cmのラップをまた買いました。

家族と(誰かと)一緒に暮らしている以上、家族のことも考えて断捨離しないとダメですね。

スポンサーリンク

家族からクレームが出たら断捨離しない

私は断捨離が好きなので、物が減るのが嬉しいです。

イライラすると物を捨てたくなります。

家の中で兼用できるもの、代用できるものを見つけるとワクワクします。

ですが生活が不便になるまで断捨離してはダメですね。

少し不便なくらいの方がいい。

手間は暇かける時間が幸せ。

なんて聞きますが、不便になってイライラしたら元も子もない。

先ほど初めて失敗したと言いましたが、よく考えたらこういう事はこれで2回目。

幸い、前回も今回も小額なものでホッとしていますが、家を断捨離して後悔したーー、なんてなったら最悪。

有名なミニマリストがソレを断捨離したからって、自分には必要なのに、ミニマリストになりたいがために真似して断捨離してしまうことが無いように。

料理が苦手な、大嫌いな私が、炊飯器を断捨離してしまったら、どうなることやら。

今回は物が増えてしまいましたが、イライラは無くなったし、主人のおにぎりを大きくできたので良しです。

にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 40kg台(女)へ 

スポンサーリンク