お風呂(浴槽)の水垢の落とし方、超吸水スポンジで拭いて発生させないのが一番

超吸水スポンジ

我が家は、いつも最後にお風呂に入る主人が、お風呂の水滴をアイオンの超吸水スポンジタオルで拭きあげてくれます。

>>お風呂の水あか・カビ対策!吸水スポンジタオルで拭き上げれば、クエン酸や重曹はいらない!

↑この時は、スキッパーを使ってなかったのですが、今はダイソーのスキッパーを使っています。

そのおかげでかなり水垢やカビは発生しなくなったのですが、やっぱり少しはできちゃいますね。

それでも吹き上げる前に比べれば、発生具合は1/10くらいに減ったかな…。

あくまでも私の感覚ですが。

大活躍の超吸水スポンジタオルですが、毎日使っているとかなりボロボロになります。

カスがポロポロ出てくるんですよね。

買い替えようとAmazonをまた見てみたら、同じ種類?のアイオンの水滴ちゃんとふき取り超吸水スポンジブロックがあったので、今回はこちらを買ってみました。

今まで使っていた吸水スポンジタオルは、実は水槽用でした。

スポンサーリンク

超吸水スポンジを使った感想

これが今回買ったアイオン 水滴ちゃんとふき取り超吸水スポンジブロック

値段は809円 (変動があると思います)

デカイ!!!

超吸水スポンジ

もちろん切って使いました。

水で濡らし、搾った後、柔らかい状態でカットしてくださいかと書いてあったのですが、そんなの読まずに、硬いまま包丁で切ってしまいました。

超吸水スポンジ

早速主人が使った感想ですが、今までの吸水スポンジタオルより拭きやすいとのこと。

早く拭き上げられると言ってました。

試しに次の日は私が使ってみたのですが、正直私は前の超吸水スポンジタオルのほうが拭きやすかったです。

タオルのほうが、細かいところを拭きやすいんですよね。

水滴ちゃんとふき取り超吸水スポンジブロックは、広い面を拭くには楽。

両方あったほうが便利だなーと思ったのですが、2つあるのは邪魔なので、しばらくはこの吸水スポンジタオル1つで頑張っていこうと思います。主人が(笑)

スポンサーリンク

まとめ

前回の水槽用のアイオン 水槽周りの超吸水スポンジタオルは626円。

今回のアイオン 水滴ちゃんとふき取り超吸水スポンジブロックは809円。

浴槽用のは半分に切って使うので、実質は浴槽用のほうが安いですね。

お風呂(浴槽)の水垢の落とし方は、吸水スポンジタオルで拭いて発生させないのが一番です。

正直毎日拭くのも大変なのですが、水垢を落とす方が大変なので、ぜひ水滴ちゃんとふき取り超吸水スポンジブロックを使ってみてください。

拭くほうが明らかに楽ですから…。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ 

スポンサーリンク

合わせて読みたい