化粧が大嫌いな主婦が、化粧品の断捨離、肌断食に挑戦!

肌断食

私は化粧が嫌いです。

いちいち面倒臭いし、皮膚に何かを塗るのがとにかく嫌い。

顔はもちろん、手や足など体にもクリームを塗るのが嫌い。

塗ったら塗ったで、きちんと落とさなくちゃならないし。

だいたい本当にキレイに落ちたのかも分からないしね。

せっかくお風呂に入ったのに、また何ですぐにクリームとかを塗らなくちゃならないの?みたいな。

それでも身だしなみとして、ほぼ毎日化粧をしていました。

ですがもう限界。

私は38歳の主婦。

色んなことに気をつけなくてはならない年齢だとは思います。

だからダイエットも頑張っている…つもり。

私は2016年10月から化粧品の断捨離、肌断食に挑戦しました。

以下、私の化粧遍歴を載せます。

大した内容ではないのですが、長文です。

スポンサーリンク

初めての化粧は19歳~OL時代~結婚前

私は子供の頃は色白で肌はキレイな方でした。

中学高校とニキビもそれなりにできましたが、オロナインを塗っておけばすぐに治っていました。

ただ鼻の頭がすごくテカるので、あぶらとり紙は手放せませんでした。

19歳で、見よう見まねで化粧を開始。

ドラッグストアで手頃なものを買って、化粧をしているのか分からないぐらいの薄化粧をし始めました。

どんどんと化粧が濃くなり、内心面倒臭いしなとは思っていたのですが、化粧はするものだと思っていたので、ガンガン塗りまくってました。

小顔に見せる方法、目を大きく見せる方法…、とにかく雑誌を参考にして色んなメイクをしました。

ただ貧乏性でしたので、社会人になってもドラッグストアでお手軽なものしか買いませんでした。

ある日、会社に遅刻しそうになり、ほぼスッピンで出社したら「なんかそのほうが可愛いよ」と同僚(女)に言われ…、

実は自分でもそう思っていたんですよね。

なんか化粧しないほうが良い感じなんだよな~と。

でも化粧しないなんてあり得ないし…。

この時24歳。

この日から少し化粧を薄くするようになりました。

化粧が嫌いだし、面倒臭いしね。

それでもたまにバッチリメイクで出社すると、「今日、特に目が可愛いよ」と別の同僚(男)に入れたり…。

ある日、会社の子たち(女)と化粧品の話になった時、みんな高い化粧品を使ったり、フェイシャルエステにも通ってることが分かりました。

それなのに「美恵ちゃん(私のこと)は肌キレイだよね、私は毎日高い美容液を塗りたくってるのにカサカサで」と。

「そんなことないよ~」なんて言いながら、心の中では「うん、あなたたちよりキレイだと思う。っていうか、そんな高い化粧品使っておきながら、なんでそんなガサガサな肌なの?」と思っていました。

それでも、やっぱり私も高い化粧品を使ったほうがいいのかなという思いもありましたけどね。

結局買いませんでしたが…。

スポンサーリンク

結婚後の化粧

化粧水+乳液+下地+ファンデ+眉毛+チーク+マスカラ下地+マスカラを27歳くらいまで無理矢理続け、28歳くらいはマスカラをやめました。

どう頑張ってもパンダ目になってしまうのと、下手なマスカラのせいで、目が小さく見えるんですよね。
↑これは若い頃から。

それにやっぱりスッピンに近いほうがまだマシな顔に感じてしまい、面倒なのでマスカラをやめました。

この頃昔の友達に会うと、「美恵ちゃん、昔はすごく化粧してたよね」と言われてました。

見よう見まねで始めた化粧。

きっと私、化粧が変だったのでしょう(笑)

昔付き合っていた人にも「化粧って毎日そうなの?それで大丈夫なの?」と言われたこともあったので。

子どもが生まれ、公園などに頻繁に行くようになったら、今度は色白だった私がどんどん黒くなってきました。

仕方なく日焼け止めを塗るようになったのですが、こういうのも大嫌い。

もうとにかく昔から顔や体に何かを塗るのが嫌いなのです。

でも日焼け止めって塗らないとヤバイじゃないですか。

その葛藤の繰り返し。

2016年10月の化粧

化粧嫌いがピークに達しました。

化粧水+乳液+BBクリーム+パウダーファンデーション+眉毛+チーク+ハイライトをしているのですが、とにかく面倒臭い。

それにもう歳だからでしょうか、ほうれい線にファンデが溜まったり、乾燥してシワがハンパないし、それなのに鼻は脂ギッシュ、化粧はヨレるし、とにかく顔が汚い!

こんなんだったらスッピンのほうがマシなんじゃないかと…。

娘にも「ママは化粧しないほうが可愛いよ」と言われる始末( ;∀;)

それでスッピンで過ごすと、今度は全体的に脂ギッシュな顔になるのです。

吹き出物もできて、化粧してる時より最悪な状態になる…、そんなことの繰り返し。

自分に合う化粧品も分からないし、とにかく化粧が嫌い。

何も塗りたくない!

こんな状況なので、いつ存在を知ったのかは忘れたのですが、前から気になっていた肌断食に挑戦することにしました。

化粧品とスキンケア商品の断捨離。

そのため、2016年10月に化粧品を使わず美肌になる!を購入。

そして恥ずかしいのですが、これが当時の私の肌。

肌断食に挑戦

※2016年10月20日に撮影。

左頬なのですが、シミ?そばかすがいっぱい。

それでももう化粧はしたくないのです。

この肌がどうなっていったか、記録をブログに残していきます。

長文をお読みいただきありがとうございました。

化粧品を使わず美肌になる! [ 宇津木龍一 ]

楽天ブックス
楽天kobo
Amazonで購入する

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ 

スポンサーリンク