美容院に行く頻度について。髪がキレイなら顔が不細工でも大丈夫?

パナソニックのドライヤー

美容院に行く頻度などについて。

私の唯一の自慢。

髪がキレイなこと。

多分キレイです。

40代が差し迫ってますが、白髪が全くありません!!
(少し嘘。数年前に1本発見。それ以来ありません)

以前、雑誌やネットなどで見たのですが、

髪がキレイなら、顔が不細工というか化粧っ気があまりなくても、まぁまぁに見える。人の印象は70%は髪で決まる

こんなようなことが書いてありました。

確かに、スッピンの人より髪がボサボサな人の方が、汚らしく見えるかも?

これを知ってから、私は髪にはかなり気を遣うようになりました。

スポンサーリンク

美容院に行く頻度

私は1ヶ月半に1回の割合で美容院に行きます。

髪の長さは、顎あたりまでのショートボブ。

正直、この長さが一番お金がかかります。

あまりお金がかからない髪型(長さ)は、鎖骨あたりまでの長さ(縛れるくらいの長さ)=ミディアムだと言われています。

ですが、私はミディアムが似合わないんです。

数年前、ロングにしようと思っていた時期があったのですが、挫折。

今のショートボブにさたら、反響が良くて(笑)

私自身もこの髪型が一番似合うと思っています。

なのでこの長さを維持するために、1ヶ月半くらいに1回行かないと無理なのです。

スポンサーリンク

美容院でやってもらう施術

カット&ヘッドスパをやってもらっています。

本当はカットだけでいいのですが、勧められるがままにヘッドスパもやってしまってます。

我が家の経済状況だと贅沢なのは分かっているのですが、私は化粧があまり好きではなく、化粧品にはお金をあまりかけていないので、その分美容院にお金をかけてしまってもいいかなと、勝手に思い込んでいます。

そして白髪が全くないので、白髪染めしなくてもいいし、色も茶色なのでカラーリングの必要も無し。

使用しているシャンプーなど

使っているシャンプーやコンディショナーですが、無添加純石鹸 白雪の詩で髪を洗い、コンディショナーは普段テレビCMでやっている物を使っています。

「髪に気を使ってると言ってたのに、そんなの使ってるの!?」なんて思われるかもしれませんが、顔も無添加純石鹸 白雪の詩で洗っているので、兼用できて本当に楽です。

ただすっごくパサパサになります。

なのでコンディショナーは普通にテレビCMなどでやっている物を少な目に使います。

このやり方で洗髪をするようになったら、トリートメントがいらなくなりました。

もちろん美容院での洗髪では、美容院のシャンプーで洗ってもらってますよ!

美容師さんも私に遠慮してか、シャンプーなどはあまり勧めてはこないので、基本的には無添加純石鹸 白雪の詩で洗い、美容師さんに勧められたら買うというスタンス。

湯シャンに憧れる

一度挑戦してみたのですが、一日で挫折しました。

やっぱり…、シャンプーでガシガシ洗いたいです!

合成化学物質があまり良くないみたいなことを言われているのは知っているのですが、私には無理でした。

湯シャンにできたら、浴室内もスッキリしますし節約にもなりますね。

美容院代の節約方法

1回の美容院代は、カット&ヘッドスパで約5,000円

我が家の家計で考えると痛い出費です。

ですが化粧品にはあまりお金をかけていないし、白髪が全くないので白髪染めをしなくてもいいし、もともと髪の色が茶色なのでカラーもしなくて大丈夫なので、OKだと思うようにしています。

今の状態での美容院代の節約方法は、ホットペッパービューティーなどで予約をすれば節約になるのでしょう。

ですが私は、約3年同じ美容師さんに切ってもらっていて、いつも帰り際に「次の予約はどうしますか?」と聞かれて、その場で予約をしてしまうのです。

「ホットペッパービューティーから予約したいんで…」なんて私には言えません(泣)

※2年前までは、私が行っている美容院はホットペッパービューティーに載っていませんでした。

私の友達は、節約のために新規の割引を狙って色々な美容院に行っているのですが、私は同じ美容師さんのほうが安心だし、軽い対人恐怖症なので、毎回初めての美容院に行くのはかなり勇気がいります。

なので私の場合の節約方法は、ヘッドスパを止めるか、無理矢理ホットペッパービューティーで予約をするか…ですね。

みなさんはぜひホットペッパービューティーなどを上手く活用してみてください。

まとめ

髪がキレイなら顔が不細工でも、まぁまぁに見える」を信じて、美容代のメリハリをつけてキレイな40代を迎えたいです。

楽天 無添加純石鹸 ねば塾 白雪の詩

Amazon ねば塾 白雪の詩

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマルライフ(持たない暮らし)へ 

スポンサーリンク